FC2ブログ

Entries

施設の子との思い出

私たち夫婦は子供がいなかったので、里親の制度を利用して児童養護施設の子供を預かった経験がありました。本格的な里親ではなくて、短期間のボランティア里親でしたが、貴重な経験でした。下の写真の子は、乳児院から児童養護施設に入った子で親の顔を知りませんでした。なかなか個性的な子で大変な部分もありましたが、子供なりに不安を抱えつつも普段は面白くて負けん気の強い子でした。最終的には実の母親が引き取ってくれるこ...

カウンセラーさんに感謝

昨年からずっとカウンセリングを受けていましたが、今月で一応終了です。カウンセラーさん、大変お世話になりました。死別後、一年半ちょっと経ちましたが、ここ2,3か月くらいは落ち着いてましたので。カウンセリングの際は、なかなか他の人には話せないような内容でも出来るだけ話すように心がけました。他に心を開いて話せる人がいなかったものですから。ただ親身になって聞いてもらえただけで、有難かったです。妻の命日はちょ...

日曜朝のロングコース

今日は朝の暗いうちから愛犬ががさごそとうるさかったので、昨日あまり散歩できなかったからかな?と思い、早起きして散歩に行きました。今朝は思ったより涼しく、ゆっくりとロングコースの散歩をしました。散歩中、時たま声をかけられることがあります。私がではなく愛犬がです。一番多いのは比較的お年を召した女性で、ニコニコしながら寄ってこられると、愛犬も尻尾ふりふりでされるがままです。今日も座っていた女性に近づいて...

踊りを見てきました

先日、こんなチラシを見ていました。「睡眠-Sleep-」 勅使川原三郎、オーレリー・デュポン(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)、・・・こういう世界はよく知らないのですが、なんとなく惹かれるものがあったので、なんとなくチケットを買い、一人で見てきました。勅使川原三郎さんがいかにすごい芸術家であるかということも今まで知りませんでした。で、何の予備知識もなくその舞踊芸術を見たのですが・・・、驚いてしまいました...

婦人公論のこと

妻はよく図書館を利用していたのですが、時々、雑誌の「婦人公論」を借りて読んでいました。買うことはほとんどなく、バックナンバーを調べては、図書館のサイトで蔵書検索して予約する、という方法でまとめてドサッと借りて読んでいました。すると私にも、「ためになるから読むように!」と言って、私はよく特集記事などを読まされたものです。よくあるのは、家庭内の人間関係とか、人知れず苦難を乗り越えた著名人の体験談とか・...

水辺の撮影

夏はやはり水辺の写真を撮りたくなります。個人的には、写真家の江口慎一さんの撮るような水の表情に憧れるのですが、如何せん技術が伴わないので適当に撮るだけです。でも、水辺の散策は清々しい気分に浸れます。赤目四十八滝の一つ。名前忘れました。今回は水量が多かったです。ここへ行くと私の場合、「滑ってこける」、「機材を落として傷つける」というジンクスがあるみたいです。機材は壊れても、怪我だけは注意しないと。...

休暇中

派遣先の夏季休暇につき、今週は休みです。妻が他界して2度目のお盆。昨年は初盆で、そのことが何だか信じられないような日々でしたが、今年はだいぶ落ち着きました。フラッシュバックも無くなりました。暇にまかせて、あれこれ妻に話しかけています。私の知ってる妻、知らない妻、・・・どんな人生だった?病院で延命中(脳死状態でしたが)、私の知らない妻の学生時代の友達とか、何人もお見舞いに来てくれて涙を流してくれまし...

久しぶりの死別の会

死別の会でひろさちやさんの講演を聞きに行くという企画があったので参加しました。場所は犬山の寂光院。台風が接近中でしたが、広い会場には檀家の皆さんとか多くの方が集まっていました。台風のおかげで涼しかったです。寂光院はもみじで有名なお寺で、紅葉の季節に撮影で出かけた時以来でした。ひろさちやさんの著書は何冊か読んだことがありましたが、話を聞くのは初めてで、ちょっと難しい話になるのかと思いきや、半分くらい...

垣添さんの著書

垣添忠生さんは、国立がんセンターの名誉総長で、Wikipediaにも載っている偉いお医者様です。垣添さんは奥様と2人暮らしでしたが、奥様をがんで亡くされ、それまでの体験を「妻を看取る日 国立がんセンター名誉総長の喪失と再生の記録」という本に著しました。私は、この本と、そのあとに出た「悲しみの中にいる、あなたへの処方箋」も読みました。「妻を・・」の本は、とても奥様想いで誠実な方だということが文章から伝わってき...

子犬の頃

愛犬は来月で3歳半になります。夫婦でブリーダーさんのところへ行って即決でした。1年半前に妻がいなくなってからは、留守番ばかりで寂しい時間が多いと思います。それでもだんだんとお利口になってきたと思うし、私と遊ぶのがとても楽しいみたいです。何より、私自身が救われていることに気づかされます。秋には家庭犬の審査を受ける予定で、散歩の仕方や歯磨きやブラッシングなどなど審査されるようなので、飼い主失格の烙印を押...

Appendix

プロフィール

kammodori

Author:kammodori
名古屋市在住です。
中高年。派遣社員。妻とは死別し、愛犬との2人暮らし。その後、老母とも同居。
趣味は写真撮影などです。
覚え書きも兼ねて、日頃の情景を綴ります。
リンクフリーです。

ランキング

クリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日本ブログ村