Entries

OPTION B

今日の名古屋は35℃の真夏日でしたので、冷房の効いた部屋で本を読んでいました。
『OPTION B』 シェリル・サンドバーグ
著者はフェイスブックのCOOで、ご主人が急死しました。
その悲嘆のプロセスと立ち直る力(レジリエンス)について書いています。
人生、順調なOPTION Aのコースだけでなく、様々な挫折、悲劇、病気、などに対してOPTION Bを適用する場合が多いものです。
このタイトルに惹かれました。
「自分は、OPTION Bで行こう」と割り切ることで、OPTION A人生と比較せず、吹っ切れるような気がします。
この著者は、アメリカ人で、かつ社会的ステータスのある方なので、登場人物の多さに面食らいますが、悲嘆のプロセスは人それぞれです。
書いてある内容の密度は高く、心理学的な研究結果の引用も多いので、そういった説明がしっくりくる方にはいい本ではないかと思います。
ただ、日本人の感覚からすると、やはり、アメリカ人は立ち直りが早いのかな?と思ってしまします。
私の場合は、孤独な老後に向けて、「OPTION C or D」くらいで行くのが良さそうな気がしています。
これからリストを作ります。

20170806_97O0091_t1.png
もう花火を見に出かけることはなさそうです。
それで、昔の花火写真を探して懐かしんでます。

20170806_L1002096_t1.png
暑い夏、愛犬にとっては受難の季節です。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kammodori.blog.fc2.com/tb.php/299-037166e1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kammodori

Author:kammodori
名古屋市在住です。
中高年。派遣社員。妻とは死別し、愛犬との2人暮らし。その後、老母とも同居。
趣味は写真撮影などです。
覚え書きも兼ねて、日頃の情景を綴ります。
リンクフリーです。

ランキング

クリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日本ブログ村