FC2ブログ

Entries

激情と熱情

自分が大学生のとき、寮生活をしていたのですが、たまに寮全体の集会のようなものがありました。
一応、自主管理を旨として何々委員会の報告などあったような。
そのうち、文系の上級生が政治や社会についての話とかしだすのです。
私たちボーッとした学生一同は、「そんなことを考えているなんて、たいした先輩だ」などと感心して、妙な正義感のような感情が湧くこともあれば、意見を言ったり反論したりするほどの知識もないので、やはりボーッと聞いていました。
今のようにネットもない時代だったので、情報源は新聞や政治関係の雑誌だったのでしょう。
学生運動と呼べるようなものではなかったのですが、たしかデモもあって機動隊も来たことがあったと聞きました。
誘われたことがあったのですが、行ったことはありません。
激情も熱情も、あるいは若い精神的なエネルギーの高揚ゆえなのでしょう。
激情にまみれた人が武器を持てば、不幸をもたらすかもしれませんし、熱情を持って仕事やスポーツに取り組めば、豊かさをもたらすかもしれません。
たぶん、激情の荒波をコントロールする理性や愛情がないと、世の中、事件やもめごとはずっと続くでしょう。
世界を動かせる力を持った人達が人間としても立派な人格者であったなら、どれだけの幸せをもたらすことができるかと想像してしまいます。

20180520_EPS2417.png

ところで、先週あたり、西條秀樹さんはじめ、著名人の訃報が多かったです。
ご冥福をお祈りします。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kammodori.blog.fc2.com/tb.php/336-6ff30368

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kammodori

Author:kammodori
名古屋市在住です。
中高年。派遣社員。妻とは死別し、愛犬との2人暮らし。その後、老母とも同居。
趣味は写真撮影などです。
覚え書きも兼ねて、日頃の情景を綴ります。
リンクフリーです。

ランキング

クリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセス数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日本ブログ村